「新年のご挨拶」と「2022年版ミニゲーム」

新年明けましておめでとうございます。

昨年、ワイミーズITスクールでは、多くの生徒さんとの出会いがあり、おかげさまで無事に2022年を迎えることが出来ましたこと、心から感謝いたします。

本年も引き続き、よろしくお願い致します。

さて、ちょうど一年前の新年のご挨拶の際には雪だるまのミニゲームをご紹介させていただきました。

2022年は「凧揚げ」のミニゲームをご紹介しながらご挨拶させていただきます。

凧揚げゲーム

ミニゲームというより、ネコとタコのコントのような作品ですが、ここでは、スクラッチで「プログラミング」と「アニメーション」をさせるために気をつけるべき、重要な要素が隠されています。

ヒントは「たこ紐がネコの手からは離れずに動いている」ことです。

作れそうと思った方は、ぜひチャレンジしてみてください!

アイデアひとつで可能性が広がるプログラミング

ブログにも何度か書いていますが、当スクールに初めて来るお子さんのほとんどが、プログラミングは「自動でいい感じに動かしてくれる魔法のようなもの」だと思っていることがあります。

しかし、いざ実際にプログラミングに触れると決してそんなことはなく、全ての流れや処理を自分自身で考えてコードを作成するので、想像と違っていたことに戸惑ってしまう子も少なくありません。

「流れや処理を考える」と言うと、とても難しそうに聞こえてしまうかもしれませんが、コツを掴んで理解さえしてしまえば、自分の思い通りにキャラクターなどを動かすことが出来るようになるので、考えることがどんどん楽しくなってきます。

基本的なことを覚えてしまえば、あとはアイデアひとつで無限の可能性が広がるのが、プログラミングの魅力の一つであり、醍醐味です。

2022年はプログラミングを学んでみませんか?

個人的な意見になりますが、大人にも子供にも共通していることがあると思っています。

それは「未知のものに挑戦するとき」や「今までになかった知識を習得するとき」に得られるワクワク感です。

人間は、大抵の繰り返しの作業には慣れてしまうものです。

初めはワクワクしていたことも次第に薄れていってしまいがちです。

しかし、プログラミングは違います。

ワクワクがずっと続きます。
言い換えると、それほどに奥が深く、無限の可能性を秘めているからです。

そんな楽しい世界の第一歩を当スクールで踏み出してみませんか?

まとめ

長々と書いてしまいましたが、当スクールでは、ひとりでも多くのお子さんにプログラミングのワクワク感を伝えたいと思っております。

自分の頭の中にあるアイデアを実際に形にして表現するという行為は、とても素晴らしいものです。

2022年もワイミーズITスクールでは、多くのお子様のお越しを心からお待ちしています。

フォローをお願いします!

- LINEでお問い合わせ -

ボタンクリック・QRコード
お好きな方法でお問い合わせ下さい。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA