天童南部小学校の「校章カラー化」のお手伝いをさせて頂きました

先日、天童南部小学校の村越校長先生よりご連絡を頂戴し、お話を伺ってきました。

歴史ある校章のデザイン

早速、校長先生から歴史ある資料を見せて頂いたところ、昭和51年に制定された校章は、綺麗な紫色の背景に、金色のもみじ、銀色の「南」という文字で作成されており、重厚でありながら、センス溢れるものでした。

貴重な資料をお見せいただき、本当にありがとうございました。

デジタルデータは白黒のみ

現在、学校で作成する印刷物などには、上の「白黒の校章データ」を使用しているとの事でした。

そこで、こちらのデータを利用して、カラー版を作成させて頂くことになりました。

カラー版のサンプル

イラストレーターというグラフィックソフトを使用して、白黒データから輪郭部分の縁取りを行い、各部の色を変更したサンプルを2種類、ご用意させて頂きました。

サンプル1(単色)

サンプル2(グラデーション)

折り紙などには「金色」や「銀色」といった光った色がありますが、デジタルデータでイメージ通りの光った色を設定するのは困難です。

実際、上記のサンプル1は「金色(こんじき)」という色を設定していますが、黄土色っぽい黄色に見えてしまいます。

サンプル2は、色を単一にせず、グラデーションを掛けることで、擬似的に光っているような見え方になる、ひとつのテクニックです。

校章(カラー版)完成

サンプル2をベースに、紫色を調整することで、輪郭がはっきりしました。

しかし、、。

最終的には、紫の部分は「古代紫」という資料の指定に従い、以下のカラーに決定しました。

今後、南部小学校のホームページや、印刷物などに使用して頂けると思うと、とても光栄です。

この度は、滅多にない貴重な経験をさせて頂き、誠にありがとうございました。

まとめ

当スクール(ワイミーズITスクール)は、プログラミングレッスンをメインとしたITスクールではありますが、お子さまの個性を伸ばすために様々なカリキュラムをご用意しております。

この度の「校章カラー化」に使用した、グラフィックソフト「イラストレーター(イラレ)」のレッスンも、もちろん実施しています。

頭で思い描いたものを自分で作成出来るというのは、将来、間違いなく大きな武器となります。

ご興味のある方は、お気軽に無料体験レッスンにお越しください!

フォローをお願いします!

- LINEでお問い合わせ -

ボタンクリック・QRコード
お好きな方法でお問い合わせ下さい。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA