小学三年生の男の子と「変数」のお勉強をしました

現在、当スクール最年少生徒である小学三年生の「Kくん」とのレッスン内容をご紹介します。

無料体験時の印象

5月に体験に来てくれたKくんは、様々なことに好奇心旺盛で、何に対しても「やってみたい!」と言ってくれる素直で賢い子でした。

小学三年生という事で「スクラッチ」を使ってプログラミング体験を行いましたが、これまでにも触ったことがあるようで、何の問題もなく自分で描いた魚を泳がせるプログラム作成に成功しました。

お母様からのご要望としては「タイピング」なども同時に学ばせたいとの事でしたので、「楽しみながらパソコンスキルを上達させていきましょう」という方向性で、ご入会いただく運びとなりました。

レッスン内容

タイピング練習

体験時にも感じたことですが、いざレッスンをスタートすると、本当に素直で知識の吸収が早く、教えているこちらが楽しくなってしまうほどです。

開始から10分程度、タイピング練習を行う際には、指のポジションに気を付けるようにと伝え、各指の動かし方も説明しました。

アルファベットも問題なく理解できているので、あと数回練習すれば「タッチタイピング」が出来そうな気配です(*^▽^*)

スクラッチで「変数」のレッスン

Kくんにはスクラッチの基本操作をダラダラ説明するよりも、作品を作りながら覚えていく方が伸びる予感がしたので、先日のレッスンでは「足し算電卓」を作りました。

プログラミングにおいて「変数」は絶対と言っても良いほど必要なものです。
電卓の作成は変数の基本を覚えるには最適なプログラムです。

数値をふたつ入力すると、それぞれの変数に格納され、足し算の答えをネコが教えてくれるプログラムです。

上記画像は私が作成したものですが、これに加えてKくんはネコを変形させたり、BGMをつけたりと楽しそうにオリジナルの改造をしていました(^^♪

まとめ

Kくんは、この記事を執筆時点で、まだ2回しかレッスンをしていませんが、本当に今後の成長が楽しみで仕方ありません。

「変数」についても、小難しい概念というよりは「こういう時にこいいう使い方をする」という事を、しっかり分かってくれました。

当スクールの強み

ワイミーズITスクールでは「個別指導」を行っております。
集団レッスンでは、お子さまに対しての指導が分散してしまい、結果的に個性を伸ばすレッスンとはかけ離れていってしまいがちです。

限られた貴重な時間を、わざわざ当スクールに通う時間に割いてくれるお子さま、保護者様に全力でお応えするために、あえて事業的に非効率な「個別指導」という体制を採用しております。

「ゲームが好き」「パソコンに興味がある」「プログラミングを覚えてみたい」など、動機は問いません。

思い立ったが吉日という事で、ますはお気軽に無料体験にお越しください!

フォローをお願いします!

- LINEでお問い合わせ -

ボタンクリック・QRコード
お好きな方法でお問い合わせ下さい。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA